【成年後見】同じ銀行で複数の口座が見つかった

金庫

お世話になっております。

成年後見人に就任すると、家庭裁判所への初回報告で財産目録を提出するために、不動産や預貯金・負債等の財産を調べます。

どのような財産を持っているのか本人に確認することができれば早いのですが、認知症がすでに進んでいると、なかなかそうもいきません。

今回の被後見人の方の財産は全て調べたつもりだったのですが、昨日銀行に行って確認したら、「この方は他に普通預金の通帳2冊もっていますね~」とのこと。

2冊??ってことは合計3冊?

そんなに普通預金の口座って持てるの???


疑問に思ったので窓口で聞いてみたら、口座が3つもある経緯は不明ですが、昔は今よりも簡単に複数口座を開設できたようです。

現在は、金融犯罪の防止や休眠口座を増やさないために、正当な理由がある場合を除いて原則一顧客一口座となっているようです。


本人の口座が見つかったのは良かったのですが、通帳もない銀行印もないしで手続きにものすごく時間がかかってしまいました😇


同じ銀行でそんなに何個も口座を持てるって知りませんでした、と言うか持てないと思い込んでいました🙄

何事も思い込みや固定観念に捕らわれてはいけませんね、気を付けていかなければ。


今回はこのへんで。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)