最高裁判例集ですら・・・

お世話になっております。

先週の記事ですが、最高裁が出した重要な司法判断を掲載している公式資料である「判例集」で、著名な大法廷判決12件に判決文の原本と異なる誤りが約120カ所見つかった!とニュースになっておりました。

誤字脱字や句読点の違い、表現の欠落による文意の誤りなど、けっこうダメージのデカいミスが見つかったとか。

ミスについて私なんかがどうこう言うつもりはありませんが、最高裁判例集なんて私なんて及びもつかない程に優秀な人たちが作成していて、公開までに何人もの人たちが目を通しているはずなのに間違いが起こってしまうんですね(@_@)


私は気を抜くとすぐ誤字脱字etc…のミスをしてしまう質なので、いつかとんでもないミスをしてしまいそうで怖いです😖

ちょっと違いますが、この前は複写式になっている書類の上で作業してしまい、全部複写されてしまい、書類が使えなくなってしまいました・・・


人間なんだからミスをする事もあると分かっていても嫌なものです。


たまにこの手のニュースを見て気を引き締めていきたいと思います!


今回はこのへんで。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

書類をiPhoneでPDF化

次の記事

明日はFP2級の合格発表