民事裁判の全判決をビッグデータ化

デジタル化

お世話になっております。

昨日の新聞記事に「民事裁判の全判決をビッグデータとして活用できるようにするため、有識者会議を設け、必要な法整備をする」とありました。

各裁判所が言い渡した判決を「情報処理機関」に集約、データベース化し、個人名や住所などの個人情報を伏せて利用者に提供してビッグデータとして活用する事を目指すとのこと。

個人情報はAI(人工知能)を利用してマスキング処理するそうです。

絶対個人情報漏洩するやつやん・・・


ついこの前も民事裁判のIT化のニュースが話題になっていましたが、あらゆるものが行政も司法もデジタル化が進んでいますね🤔


行政・司法がデジタル化、、、あれ?立法(国会)は?


国会こそ わざわざお金をかけて集まらなくても、Zoomとかで真っ先にデジタル化できそうですがどうなんでしょう?


とまぁ、それは置いておいて、、、

この判決をデータベース化することについては、以前から言われていましたが、ようやく実現しそうですね🙌

 

データを直接国民が閲覧できるようにするのかは、まだ決まっていませんが、どうせなら閲覧できるようにしてほしいものです🥺

今回はこのへんで。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)