消えるボールペンの裏技?

お世話になっております。

「消えるボールペン」でお馴染みパイロットのフリクションペン、私も1本持っていて重宝しているのですが、当然ながら商品説明に「公文書・証書類への使用不可」とあります。

そりゃ消えちゃうので当たり前です。


書類作成が仕事の行政書士には不向きかもしれませんが、それでもカラフルなインクがあったり、何度でも書いたり消したりできるので、メモ書きなどで大活躍、私の周りでも使っている人をよく見かけます。


理屈はよく分かりませんが、65℃以上になると消える特殊なインクなので、ペンのお尻についているラバーでこすると、摩擦で65℃以上になり文字を消せるわけです。


そんなこんなで「消せる」ことにばかりフォーカスが当たりますが、先輩の行政書士から「フリクションのボールペンって消した後に冷凍庫に入れとけば文字復活するよ!」って教えてもらいました。


一度消した文字を復活させたいことなんてあまり無いかもしれませんがフリクションは65℃以上ならラバーで擦らなくても消えちゃうので、真夏の車の中に入れっぱなしにしているだけでももしかしたら消えちゃうかもしれません(>_<)


そんな時は冷凍庫


ムダな知識の部類かもしれませんが、あまりの衝撃にブログにしちゃいました。

ちなみに冷凍庫ではなく冷却スプレーで冷やても復活するらしいです。要は冷やせれば何でもいいんですね。。

今回はこのへんで。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)