アメリカザリガニが飼えなくなるかも

アメリカザリガニ

お世話になっております。

アメリカザリガニとミドリガメがもう簡単には捕まえて飼うことができなくなるかもしれません。

と言うのも、アメリカザリガニとミドリガメが特定外来生物に指定する内容が専門家会合で示され、8月にも正式に取りまとめることになり、順調にいけば2023年にも規制が始まる可能性があるとの事です。

 


特定外来生物とは?

もともと日本に生息していなかった外来生物のうち「特定外来生物被害防止法」により生態系や農林水産業に害を及ぼす可能性がある生物を「特定外来生物」と指定しております。

特定外来生物に指定されてしまうと許可を受けなければ飼養等(飼養・栽培・保管・運搬)をすることは原則としてできません。許可なく販売・譲渡、野外に放つと3年以下の懲役か300万円以下の罰金、ペットとして許可なく飼育した場合は1年以下の懲役か100万円以下の罰金

 


私も小さいときはよくアメリカザリガニを釣ったりしていましたが、この規制の内容によってはもうザリガニを獲って飼うことはできなくなってしまいます。

生態系への影響を考えると必要な事なのかもしれませんが、なんとなく寂しい気もしますね。


ちなみに、この前ニュースを騒がせたアミメニシキヘビの脱走事件ですが、このアミメニシキヘビは「特定動物」に指定されている動物です。
特定外来生物と似ていますが、「特定動物」は人に危害を加えるおそれのある危険な動物として飼養が禁止されている生物のことです。


アメリカザリガニとミドリガメの飼育の詳細などは今後議論して進めていくとの事ですが、届出や許可が必要となったら行政書士の出番もあるのかな?今後の流れに注目ですね。

今回はこのへんで。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)