ドローンの機体登録が義務化

お世話になっております。

ずいぶんニュースになっていたのでご存じの方も多いかと思いますが、2022年6月20日よりドローン(無人航空機)の登録が義務となりました。

ドローン登録義務化

 

国土交通省https://www.mlit.go.jp/koku/drone/ 参照

遊びで使うだけでなく、農業や物流などで今後さらに利用が増えてくることが予想されるドローンについて、2022年6月20日より100グラム以上の機体は登録が義務化され、リモートIDの搭載が必要となりました。


ドローンの登録には当然ながら費用が発生します、費用は次の通り

 1機目2機目以降
紙の書類で申請2,400円2,000円
免許証やパスポートによるオンライン申請1,450円1,050円
マイナンバーカードかgBizIDによる申請900円890円


リモートIDってなんぞや?と思った方もいるかと思いますが、簡単に言うと自動車におけるナンバープレートのようなもので、各機体に対して各固有のIDにより機体所有者を識別できるようにするものです。


リモートID機器は、1秒に1回の間隔で機体周辺に対して無線(Bluetooth 5.0等)を使用して情報を発信することで遠隔地からでも機体の情報を知ることができる仕組みだそうです。


今回の登録義務化についての肝はリモートIDでしょうか、、、先に述べたように登録費用は数千円もあればできますが、リモートID自体がめちゃくちゃ高くて、外付けリモートIDの価格は約4~5万円程します😖

遊びで飛ばすにはなかなか手が出ない値段ですね。


ちなみに、この登録を怠って、未登録の機体を飛行させてしまうと「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科されることになりますのでご注意ください。


安全性や犯罪・テロ対策の事を考えると、法改正の趣旨は分かるのですが、以前からドローンを所有していた人たちにとっては、なかなか酷い法改正な気もします😖


間違いなく個人での使用は減ると思いますが、このまま廃れてしまうのでしょうか?せっかく素晴らしい技術なのにモッタイナイ😨

今回はこのへんで。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

行政書士の夏服