名張市の車庫証明

車庫証明

お世話になっております。

最近、名張市の車庫証明(自動車保管場所証明書)で聞かれることが細かくなっている気がします。


本来車庫証明で求められるのは、下記の必要書類となります。

車庫証明の必要書類
自動車保管場所証明申請書(2通)
保管場所標章交付申請書(2通)
保管場所の所在図・配置図
保管場所使用証明書(自己所有の場合は自認書)


他の警察署では車をその駐車スペースに駐車するのが新規か入替かが分かっていれば受付してくれますが、名張市の車庫証明はこれに加えて、駐車する土地に何台分駐車スペースがあるかと、現在何台車がとまっているのかも不動産の管理会社や大家さん確認しなければなりません。

この何台車がとまっているのかというのが曲者で、例えばアパートの駐車場やモータープールであっても全ての使用状況を確認しなければなりません。

この前はアパートの駐車場に軽自動車と普通自動車が難題ずつとまっているのかまで聞いてきました。

 

アパート一軒ずつピンポンして確認しろということかな?

 

それだけでなく、配置図も駐車場のサイズを記入するだけでは足りず、配置図に駐車する車のサイズまで記入するよう求められます。これも私の知っている限り名張市だけです(これはさすがに担当者によりますが)

 

向こうも仕事なので仕方がないのですが、次は何を言われるのか毎回ドキドキしながら提出しています。これ以上厳しくならないことを祈るばかりです。

名張市で車庫証明をご自身で取得しようとしている方はお気を付けください!

今回はこのへんで。

三重県・奈良県全域の車庫証明や名義変更は三重県自動車登録サポートセンターへ!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

行政書士と自治会

次の記事

ワクチンパスポート