国連から成年後見制度について勧告

国連

お世話になっております。

14日に放送されたNHKの「クローズアップ現代」で取り上げられておりましたが、2022年9月に国連から日本の成年後見制度は差別的だ!と勧告を受けました😥


国連の意見は次の通り

懸念点
民法の下で、障害者、特に知的障害のある人の法的能力の制限を許可し、代替の意思決定システムを永続させることにより、障害者が法の前に平等に認められる権利を否定する法的規定。

勧告
(ア)代理意思決定体制度を廃止するために、すべての差別的な法的規定および政策を廃止し、すべての障害者が法の前に平等に認められる権利を保証するために民法を改正すること。

(イ)すべての障害者が必要とする支援のレベルや形態にかかわらず、すべての障害者の自律性、意志および選好を尊重する、支援された意思決定のメカニズムを確立すること。

国連条約機関データベース:https://tbinternet.ohchr.org/_layouts/15/treatybodyexternal/Download.aspx?symbolno=CRPD%2fC%2fJPN%2fCO%2f1&Lang=en


2000年に制度の運用が始まったときは、親族が後見人になることが多かったようですが、近年では弁護士などの弁護士や司法書士などの士業が9割を占めているようです。

本人の財産管理という業務の性質上、出費は医療・介護等の用途に限定されていて、本人のお金を家族が自由に使うことができなくなってしまいます。

本人に関する出費がすべて無理というワケではなく、本人のためであって、生活に影響がなければ支出はできますが、それでも後見人に対して領収書を提出したり、出金のお願いは必要になります。

また、預貯金の額や月々の報酬の額は守秘義務がある為、家族にも知らされません。


NHKの番組では、これらの成年後見ではお馴染みのデメリットが紹介され、国連が「障害者の意思決定権を奪う差別的な制度だ」として廃止を勧告したことを取り上げておりました。

たしかに、法定後見の場合は後見人を家庭裁判所が決めるため、指名はできますが、指名した人になるかどうかは分からないので、当たり外れがあるかもしれません🤔

番組で紹介されていたように成年後見人が選任されたことで、状況が悪化するといったケースもあるかもしれません。


変な後見人もいるかもしれませんが、、、多くの方が本人の意思の尊重・財産管理を一生懸命やっていると思うので、こうやってケチつけられるのは何だか悲しいですね😫

私も後見人の端くれ、あいつ後見人になったせいで生活がめちゃくちゃになった!🤬なんて、言われないように精一杯責務を全うしていきます。

今回はこのへんで。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

早朝からの研修