甲種出張封印の登録

封印

お世話になっております。

先週、出張封印に関する研修を受講してきたのですが、甲種封印に必要な契約書を提出するのをすっかり忘れていました。

三重県行政書士会からメールも来てたのに・・・

 

出張封印メール

 

封印とは
封印:普通車などの後ろのナンバープレートの左上についている アルミ製のキャップで、『自動車と車検証、ナンバープレートの三者の同一性を担保し、所有権の公証制度を守ると共に、交通違反や犯罪の防止と捜 査に貢献する』ことを目的とするもの

出張封印とは
普通車の運輸支局の管轄が変わった場合(例:三重県⇒奈良県)ナンバープレートの変更が必要で、原則として車を運輸支局まで持込み、ナンバーを交換+封印が必要となります
出張封印であれば封印資格を有する行政書士が車を持ち込むことなく、運輸支局で手続し、お客様のご自宅でナンバーの交換をし、封印を取り付け、古いナンバープレートを回収する制度


一口に出張封印と言っても、甲種・乙種・丙種・丁種と4つの種類があり、行政書士ができるのは甲種と丁種のみ。

さらに甲種は研修を受けて登録をした行政書士、丁種は研修を受けて考査に合格し登録をした行政書士と分かれています。


それぞれの違いについては一旦置いておいて、甲種の契約書を今日行政書士会の事務局へ郵送してきました。

期限が18日までだったので、思い出すのがもうちょっと遅かったらまた来年になっていたところでした😫

丁種の考査の合否はまだ分かりませんし、まだ郵送したばかりなので業務ができるようになるのは少し先になりそうですが、出張封印ができるようになれば業務の幅も広がりますので、使いこなせるように精進したいと思います。


出張封印業務ができるようになったらまたご報告させていただきます!

今回はこのへんで。

三重県・奈良県全域の車庫証明や名義変更は三重県自動車登録サポートセンターへ!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

行政書士証票で本人確認

次の記事

確定申告の季節