行政の電子化

デジタル化

お世話になっております。

先日のニュースでついに運転免許の更新がオンラインで出来るようになる!と報道されておりました。

内容としては、来年2月1日から北海道、千葉、京都、山口の4道府県を対象として、優良運転者(ゴールド免許)の免許更新時に受ける講習のオンライン実施を試行、目標は2024年に全国実施を目指すとのこと。


行政のオンライン化を推し進めたい感じが見えていいですね。


ただ、面白いのがオンラインで講習を受けたとしても、適性検査や写真撮影などは免許センターで行うため、交付を受けるためには免許センターに行かないとダメだそうです。

マジで意味ない!!

 

ゴールド免許の講習なんて、もともと30分くらいで終わるのに、わざわざオンラインで動画だけ視聴する人いるのかな?


むしろ2度手間、家で動画を見るために写真撮影したりアカウント作ったりすることを考えると、免許センターでまとめて手続きするほうが楽な気がしますね😖


行政のオンライン化!と言うようになってずいぶん経ちますが、二の足を踏むどころか、行政の手間が増える分、何歩か後退しているようにも感じますが、行政のオンライン化は我々行政書士の仕事にも直結しますので、今後も注視していきたいと思います。

今回はこのへんで。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

忘年会!