行政書士に求められる絵心

車庫証明

お世話になっております。

車庫証明の際の必要書類に「保管場所の所在図・配置図」と言うものがあります。

こんなの↓↓↓

配置図

この用紙には名前の通り所在図と配置図を記入できるようになっています。

所在図の部分は手書きでもいいのですが、地図を手書きするのは面倒なので大抵の場合はグーグルマップなどを印刷して「別紙」で添付することが多いかと思います。

配置図についてもパソコンで印刷してもいいのですが、たまたまいい感じの図面や家・土地の形がちゃんとわかる地図などがあればいいのですが、それらが無い場合はフォトショップなどで作成する事になります。

でも、駐車場の形を示すだけの資料のためにパソコンで図面を作成するのは面倒なので多くの方は手書きでちゃちゃっと作成しています。


この”ちゃちゃっと”が問題で、絵を描くのが下手糞な私からすると非常に難しい・・・

こんな感じ

配置図記載例

上記のような場合はシンプルなのでまだましなのですが、建物や駐車場のサイズ、隣家との接し方など、ちょっとややこしい形の敷地だともうカオス

絵のうまさを求められているわけではないので、前面道路との位置関係や駐車スペースが分かれば申請自体に問題はないのですが、下手糞な絵を提出するのが恥ずかしいです🙄


ついでに字が下手糞なのも恥ずかしい


何とかしたいものです🤪


今回はこのへんで。

三重県・奈良県全域の車庫証明や名義変更は三重県自動車登録サポートセンターへ!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

今日は法の日