車庫証明の書類を間違えて出したらどうなるのか?

車庫証明

お世話になっております。

車庫証明はさほど難しい申請ではない為、ディーラーや行政書士の代行料金を節約するため個人で申請する方も多いのではないでしょうか。

個人の方の申請の場合、車体番号と型式を間違えたり、使用本拠の位置を間違えて書いてしまったりと、申請書の記載間違いのリスクは高まります。

この場合、間違えて交付された車庫証明は、自動車登録に使えるのでしょうか?

申請後に間違いに気が付いた場合

車庫証明は申請から交付まで4日を要します。

交付までの間であれば申請した警察署へ電話or窓口へ行けば簡易な間違いであれば直してくれる場合があります。

ただ、申請書を提出してから時間が経ってしまうと交付の予定日がズレる事がありますので注意が必要です。

すぐに電話してください!

車庫証明が交付されてから気が付いた場合

例えば車台番号を間違えたまま提出していても警察署は分からないので、間違えた車台番号のまま登録されてしまいます。

この場合は非常に残念ですが、再申請が必要となります。

再申請であっても簡易な申請になるわけではなく、通常の申請と同じ書類をそろえる必要があります。

※ 特に数字とローマ字〔0とO又はD、 1とI、 2とZ、 8とB、 VとU〕などに注意してください。

車庫証明必要書類
・自動車保管場所証明申請書
・保管場所標章交付申請書
・駐車場が自己所有⇒自認書、駐車場が他人所有⇒使用承諾書
・所在図及び配置図

まとめ

車庫証明の場合は、取得してから運輸局での手続きがまっております、車を購入されてから引き渡しなど後ろに期日の決まったスケジュールがある事がほとんどなので最初の手続きで段取りでずれてしまうと後を引いて影響が出てしまいます、もう全部やってもらいたい!と言う方はお気軽にお問合せください!

三重県・奈良県全域の車庫証明や名義変更は三重県自動車登録サポートセンターへ!

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

毎日毎日営業電話・・・

次の記事

今どきの調停手続き