AFPは登録すべきか

stepup

お世話になっております。

この前せっかくFP2級に合格していたことですし、AFPにも登録するかどうか悩んでいます☹

AFP資格とは
Affiliated Financial Plannerの略で「2級FP技能士(国家資格)+AFP認定研修」に合格することで得られる民間資格で、FPとして必要かつ十分な基礎知識を持ち、相談者に対して適切なアドバイスや提案ができるFP技能を習得した者に与えられる資格です。


国家資格であるファイナンシャルプランナー(FP)2級があるのに民間資格のAFPを取る必要があるのかも微妙なところです。

メリットデメリットは次のとおり

 

AFP資格(AFP認定者)のメリットは?

①AFP認定研修を受けることで専門性アップ
AFP認定研修で、FPに必要な論理・金融・保険といった専門分野を体系的かつ総合的に学習し、より実務に役立つ提案書の作成などができるようになります。たぶん

②最新の知識にブラッシュアップ
AFPには2年ごとに資格更新制度があるので、常に継続して新しい知識を仕入れることができますし、毎月「FPジャーナル」という冊子も送られてくるので、FPに必要な最新情報が得られます。

③上級資格のCFPと1級FPの足掛かりになる
もし上級資格のCFPや1級FPを取りたくなったら、受験資格が必要なのでAFPを持っていれば受験資格の問題はクリアできる。

④バッジがある、労せずして資格を得ることができる
どうでもいいですが、AFPのバッジがあるようなのでピンバッジが大好きな私からしたら一番のメリット

⑤2級の響きよりもAFPと書いてある方がカッコイイ

 

AFP資格(AFP認定者)のえげつないデメリット

入会金+年会費が高い

AFP認定講習+試験(8,800円~)+入会金(10,000円)+年会費 (12,000円)
まぁまぁかかりますね、プチ旅行ができちゃうほどには。

AFPは2年更新なので2年に1度更新のための研修に5,000円も必要になります。

 

結論

まだ悩む

行政書士業務の補強にと勉強を始めたFPですが、どこまで突き詰めるのかは考えものです。

お金についての勉強なので仕事でも私生活でも役立つので取っておいても損はないし、ブログのネタにもなる。

 

うーーーん・・・


もうちょっと悩みます。

今回はこのへんで。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)